皮膚の薄い唇は乾燥しやすい|保湿が出来るリップクリームを使う

女性

美容ゲルでエイジングケア

基礎化粧品

美容ゲルのメディプラスゲルにはたっぷりと美容成分が入っているので、一本でしっかりエイジングケアができます。ポンプに入っているので使いやすく、簡単で便利なスキンケアアイテムです。防腐剤フリーなので肌が弱い人でも使えます。

Read More

毎日の洗顔を考えよう

固形石鹸

しっかりとケアしていても肌荒れが起こる場合には普段のスキンケア見直す工夫が必要です。洗顔石鹸は合成界面活性剤が使われておらず肌に優しく作られています。洗顔石鹸が人気の理由は肌に優しいため敏感肌や乾燥肌の方でも使う事ができるからです。

Read More

皮膚の薄さをカバー

目を閉じている女性

メイクオフ後のケア

唇は顔のパーツの中でも目元同様に皮膚が薄く、乾燥によって皮めくれやカサつきなどのトラブルに繋がってしまいます。さらに、リップメイクでは発色が良く色落ちしにくいルージュなどが展開され、自ずとクレンジングでは摩擦で唇には負担がかかり、結果、乾燥を加速させてしまいます。リップバームなどの専用となるクレンジングを用いり、力を入れずにオフすることや、荒れや乾燥を防ぐ植物エッセンス配合のリップクリームをこまめに塗ること、さらにマッサージするように塗り広げることで潤いの持続性を高められます。塗り方にもポイントがあり、左右に広げるのではなく、縦ジワにそって上から下へと塗ることで溝にまでクリームが入り込み、ふっくらしたリップラインに仕上げられます。

美白まで意識

唇の乾燥は素肌同様にリップケアが必要で、リップクリームと一口に言ってもその数も実に様々で、皮めくれやガサガサした乾燥がひどい場合には保湿力が高いクリームを使いますが、日中も乾燥しがちなのが難点でもあります。乾燥することにより、シワやくすみなども招きやすく、さらに頬や目元は美白ケアを意識するものの、唇まで意識したケアは意外と行われていないのも実情として挙げられています。乾燥した唇に潤いを与えながら、同時に美白ケアできるリップクリームが近年話題を集めています。ビタミンC誘導体によって、紫外線によるダメージを遠ざけてくれ、皮膚が薄い唇に現れる色素沈着までもケアできる内容で、保湿と美白のW対策が話題を集めています。

美容効果と注意点

化粧水

肌への浸透力に優れており、ニキビケアやエイジングケアができる成分がビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体にはニキビの原因の皮脂を抑える効果やメラニンを消す効果、活性酸素を除去してしわを予防する効果があります。

Read More